コロナウイルス×自粛

バイク
ゆずし
ゆずし
世界的なパンデミックのコロナウイルスの影響を受けての話。

コロナウイルス×自粛

 

毎日毎日うんざりかと思いますが

 

こんなにこの病気が世界全体に蔓延するなんて夢にも思いませんでしたが、映画「アウトブレイク」のような状態が今起こっています。

 

4月に入ってもバイクに乗っていた私ですが

 

疲弊し切った医療関係に務める友人たち・怒号が飛ぶサービス業の妻の現状

年老いた両親への感染した場合などなどの可能性を鑑みて

緊急事態宣言

一つの目標である5月6日まで

 

私はバイクに乗りません。

もし

ウイルスを持ち帰ってしまったら?

自分が感染したら?

バイクで転倒したら?

 

そう考えると家族や大事な人を守ることができない可能性がある

だからせめて私ができること

趣味で愛するバイクではこの事態が広がる可能性を断ちたいと思います。

 

「そんなのはたらればの話だろ!」

 

そんな声もあるかもしれませんが、取り返しのつかない事態がもう目の前で起きています

今一度行動については考えてみてください!

緊急事態宣言は限定的な話です、永遠ではありませんから待つことは簡単と思います。

 

 

で。

不思議と負い目を感じてる時って

事故ったりすることがあるので

「俺だけはない」

なんて思わず、少し周りを見渡して見て

しつこいようですが

待ってりゃバーっと走れる時は来るわけですから、楽しみを待つのも一興かと思います😁

僕の声は小さいですが

少しでもバイクに乗っている人に届くように祈ります!

8 件のコメント

  • こんにちはです(=^-^=)
    バイクに乗るのを自粛されるとのこと。サーキットに行くのを自粛、ということでしょうか?

    私、ソロでバイクに乗る分には、自分が新型コロナウイルスに感染することも、誰かに移すこともなかろう、と思っておりまして。
    今も乗っていますし、これからも自粛するつもりはないのです。
    もちろん、どこかにツーリングに行って旅館やホテルに泊まるということでは無くて、100~200km程度の日帰りツーリングですけれど。

    政府も散歩やサイクリングについては推奨していますでしょ?
    サイクリングと同じく、バイクは基本的には誰とも接触せず、せいぜいガソリンスタンドに寄るくらい。(セルフなので人との接触は無し)
    私の認識が甘いのでしょうか…

    差し支えなければ、ゆずしさんが考える、バイクに乗ることによる新型コロナウイルスに関連するリスクについて教えてもらえませんか?
    誤解の無いよう書いておきますが、決してゆずしさんのご意見を否定しているのではありません!
    むしろ、ノーテンキにGWはたくさんバイクに乗ろう!なんて考えていた自分と、バイク自粛を決意したゆずしさんのお考えの違いを理解したいのです。

    • しーパパさんこんばんわ!サーキットも公道でもです。
      内容はブログの通りです。大事な人を守れない可能性があるからです。
      少しの期間ですし、ちなみに私が行ってるSPA直入も5月9日までは地域でコロナ感染の人が出たのもありクローズドです。

      • こんにちは。
        あれから友人と話をしたり、ネットでいろいろ調べてみたりしてみました。(もちろん、ゆずしさんのこの記事も何回も読み返しています。)
        バイクに乗ることに関しての賛成意見、反対意見、結構白熱しているのですね。ノーテンキに考えていた自分がちょっと恥ずかしくなりました。
        個人的にインパクトが強かったのは、転倒や事故で病院に搬送された際に生じる、医療リソースの無駄な消費でした。(正直、そこまで考えていなかった…ホント、恥ずかしい…)
        一方で、地域によって新型コロナウイルス関連の状況や、医療現場の状況が大きく異なっていることもわかりました。県内に感染者が出ていないわけではないですが、かなり限定的なので、この状況でバイクを乗ることに対しての意識が低かったです。
        バイク自粛について私はまだ決めかねているところですが、もし自粛することにしたら、緊急事態宣言解除=バイク自粛解除はしないかもです。
        この先、多少治まったとしても、有効なワクチンの開発~普及までこのコロナ過は続くでしょうし、緊急事態宣言の解除が第2波のきっかけになる可能性もありますし…

        • しーパパさんこんにちは!僕の住む福岡県は緊急事態宣言に真っ先になったのもあるのだと思いますが、
          我が町にもすぐに感染者が出たのも私の気持ちの引き締めになったんだと思います。
          「行ってもSNSで書くな」という意見もありますが、自分もブログを一日数百アクセスいただいている身なので
          こういった声を届けたいと思ったのがこの記事です。深いところでのご理解ありがとうございます!

  • ゆずしさん、わたしも乗りません。
    妹は看護師です。マスクもフェイスガードも少ない中で、コロナウイルスの患者さんの看病をしてます。
    怖いとは言いながら頑張っている様子を見聞きすると、自分たちも何かできることがないかと考えるようになりました。

    自分がバイクで外出し、そんな人が増えたことで、外出自体を危険と感じる人が少なくなる可能性だってありますよね。他の人の軽率な行動を誘発しかねませんよね。

    いまは、いつまでかはわかりませんが、one teamの気持ちで頑張る時ですよね。
    一番いい季節でつらいですが、一緒に頑張りましょう。

    • わたしたちも、8耐ですねさんこんばんわ!
      本当に医療関係の方々は特効薬のないウイルスがある中頑張っています、妻もサービス業で誰かが菌を持ってくるかわからない中て仕事をしています
      同じですね。自分も何かできることはないか?そう考えるとコレくらいのことしかできませんが、広める可能性を少し削ることはできると思います。本当はバイク乗りだけではありませんが皆が少しずつできることをしてくれたらと願っています。
      one teamその通りだと思います!

  • 初めましてゆずしさん こんにちは
    私もZX-6Rに乗っています。
    私もコロナ騒動で暫くはバイクに乗る事を控えています。
    公道やサーキットで、もしも事故を発生させてしまった場合に、ただでさえコロナで忙しい病院を自分の事故のせいで更に忙しくさせてしまうから、バイクも自粛するべきであると考えます。
    自分は事故を発生させないから大丈夫、慎重に走るなどは今のコロナ情勢では自分勝手な考えに過ぎないと思います。
    いくらの自分が気を付けていても、相手次第で事故は発生してしまうのです。
    確かにバイクに乗る事は非常に楽しく、日々のストレスを解消するにはもってこいだと思いますが、今は感染のリスク、病床の確保が一番大事なのではないのでしょうか。
    FIM(国際モーターサイクリズム連盟)もこの様に世界中のライダーに警鐘を鳴らしていますので、御一読をお願いします。

    http://www.superbike.jp/news/2020/04/fim_2.html

    ライダーのみんなでOneteamでこの状況を乗り切りまたバイクに乗れる日を楽しみに待ちましょう!前向きに!

    • あんぼう丸さんこんにちは!6Rfriendsですね
      FIMの記事はすぐに目を通していました、彼らが自分たちができる事を訴えたのは英断だったと思います。K1等マスクを配ってまで興業という気持ちはわからなくも無いのですが
      もし感染者を多くだした場合、大きな信用を失う可能性があると僕は思うのです。
      できれば、自分の大好きな趣味が非難されることがないよう、今だけは我慢して欲しいと切に願います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUT US

    yuzupon996働く自由人
    幼少より仮面ライダーのように強い男になりたく 体を鍛え空手道は四段 バイク歴は30年、しかし一向に仮面ライダーになれていない状態で40代を迎えましたが 最近は考えをシフトして”楽しんで生きる”をモットーに人生を謳歌しています。 当ブログでは ・バイクについて ・旅の記録 ・経験談・哲学 ・今チャレンジしていること などを中心に書き綴っていこうと思います。